トップ  < 非破壊試験 コンクリート強度測定                                  サイトマップ

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

コンクリート構造物の強度測定 国土交通省


 微破壊試験 ボス試験 コンクリート強度測定 衝撃弾性波法(表面2点法) コンクリート強度測定 超音波法

  非破壊試験によるコンクリート強度測定とは
   従来、テストハンマーによる測定が一般的でした
   コンクリート表面の推定強度を測定するというものでした。

  近年技術の進歩に伴い
   表面よりもう少し内部までの推定強度を測定することが可能となりました。
   衝撃弾性波法(表面2点法、iTecs法) 、 超音波法(土研方式)
   上記の3種類あります。

  現在国土交通省の橋長30m以上の新設橋梁工事現場におきましては
   これら非破壊試験によるコンクリート強度測定が適用されています。
   また、非破壊による試験を実施した場合、テストハンマーによる試験を省略することも出来ます。

  本作業は、「微破壊・非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定要領(案)」に準じて行います。



  ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

 お問い合わせ先 電話番号、Eメール

  ページのトップに戻る

  TOP  配筋かぶり  ボス試験  コンクリート強度  鉄筋探査  測量・調査  新技術  FAQ  
  会社概要  実績紹介  リンクポリシー  お問い合わせ  リンク  メルマガ  サイトマップ

                             非破壊試験のことなら有限会社青葉|クラック調査、平板載荷試験など

取り扱い業務

会社案内



携帯サイトへアクセス
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/y-aoba/
メールでのお問合せ
info@y-aoba.com
電話でのお問合せ
TEL:0792334137
社員ブログ
きもっちゃんブログ